業務システムはERPからMS Office連携まで

中小規模の業務では、従来エクセルで管理していたデータの件数が多くなり、より効率化のために、DB化を検討しなければならないという局面が多く見られます。使い慣れたマイクロソフトオフィス製品と連携可能な業務システムの構築は事例として多く手がけています。
また、近年、オープンソース・ソフトウェアのCompiereが登場したことにより、中小規模のビジネスでも本格的なERPシステムの導入を視野にいれることが可能になりました。

ウェブ技術との連携も

近年では、スマートフォン・タブレットといったモバイル端末からの操作をはじめ、ウェブシステムと社内システムとの連携を行う事例が増えています。
これらウェブ技術を適宜利用することで、セキュリティに配慮しつつもシステムの利用障壁を下げ、業務のスピードアップ・効率化に寄与します。
また、小さな機能からスタートして徐々に改善と機能追加をしてシステムを成長させていくという手法により事業と共に成長できるシステムモデルの提案も行っております。

新規開発も引き継ぎも

ディーゴでは新規開発はもちろんのこと、業務システムの保守・開発の引き継ぎも行っております。
中小企業における業務システムでは、その依頼先も中小のシステム会社であることが多く、システムの保守メンテナンスの継続が難しくなってしまったという状況は多く見受けられます。
ディーゴでは以下の技術を基盤とした業務システムについて、開発や保守を行うことができます。保守の引き継ぎでは、開発経験・解析能力により仕様書などが全くないといったシステムでもご相談をお受けしています。

Case Studies

事例紹介

紙巻たばこ販売実績集計システム

一般社団法人 日本たばこ協会様

システム開発

紙巻たばこ販売実績集計システム
【Access開発】
飛松 弦

エクセルからアクセスへの移行だったのでデータを正規化し再設計しました。インタフェースに後方互換を残しつつも拡張性・パフォーマンスを考慮した設計を実装できたと自負しています。

会員管理システム

ラックスポーツクラブ幼少児体育振興会様

システム開発

会員管理システム
【Access開発】
竹迫 小百合

事務経験を生かし自分が使うならどうだろう…?と考えながら作業しました。 時には「ここはこちらの方が使いやすいかもしれません」などの提案もさせていただいたのですが、お客様に「そちらの方がいいですね」と言って頂けたときは嬉しかったです。