システム開発・ウェブ制作[下北沢/東京] (株)ディーゴ

株式会社ディーゴは、サービス・システム開発・セキュリティ・コンサルタント・ウェブ制作に至るまでITに関する業務を幅広く承ります。

WZR-HP-AG300HのDD-WRT化

以下の情報は、電波法に触れるかもしれませんので、あくまでも実用ではなく技術的興味の実験として。

buffalo社の無線ルーターWZR-HP-AG300H ですが、DD-WRT化できます。

USではBaffaloが、Professional Firmware として、DD-WRT版のファームウェアを配布しています。
しかし、JP版のWZR-HP-AG300Hは、US版とリージョンが異なるため、このDD-WRT版のファームウェアを管理画面からアップロードしても蹴られてしまいます。
以下の手順を経ることによって、JP版WZR-HP-AG300Hのリージョンを書き換えて、US版用の、DD-WRTファームウェアを適用することが可能になります。

1. シリアルコンソール接続するために、WZR-HP-AG300Hを殻割りする。
(1) 側面のLEDランプがあるところはシールになっています。これを剥がします。
(2) 背面の黒いゴム足はその下がネジになっています。4カ所のそれを外します。
(3) あとは、上面3カ所、下面4カ所のツメで止まっています。これをマイナスドライバーでこじ開けます。
(4) 基盤にアンテナがつながっているので、セロテープをはずし、コネクタを外します。
(5) これで基盤を取り外すことができます。

2. シリアルコンソール用のピンを立てる。
写真の箇所が、シリアルコンソールのパターンになります。
左から、RxD, TxD, GND, VCC となっています。
ここに、ピンをハンダ付けしましょう。

3. TTLのシリアル接続ができるケーブルを調達します。
私は、秋月電機の、FT232RLを使いました。

http://akizukidenshi.com/catalog/g/gK-01977/

4. FT232RLのWindows 用のドライバをインストールします。
FTDIのサイトから、Driver -> VCP Driver とたどり、OSにあったものを導入します。

http://www.ftdichip.com/

ドライバを導入してからFT232RLを接続すると、新たにCOMポートが追加されます。

5. シリアルコンソール用のターミナルとしてTeraterm を導入する。
ターミナルはTeratermがおすすめです。
インストールします。

http://sourceforge.jp/projects/ttssh2/

6. FT232RL と、WZR-HP-AG300Hを以下のように接続します。
私はIC用クリップのついたケーブルで接続しました。
(FT232RL)GND <--> GND(WZR-HP-AG300H)
(FT232RL)RxD <--> TxD(WZR-HP-AG300H)
(FT232RL)TxD <--> RxD(WZR-HP-AG300H)

7. Teraterm を立ち上げ、コンソールの準備をします。
接続時に、Serial を選び、4で追加されたCOMポートを指定して接続します。
ちなみに、私の場合はCOM4でした。
TeratermのメニューからSetup -> Serial Portと たどり、通信速度、パリティなどを以下のように設定します。
Port: COM4(FT232RLをつないで追加されたポート)
Baud rate: 115200
Data: 8bit
Parity: none
Stop: 1bit
Flow control: none

8. そのままの状態で、WZR-HP-AG300Hの電源を入れます。
ショートに注意してください。

9. Teraterm上にu-bootのメッセージが流れます。
下のように、tftpのメッセージが出たら、CtrlとCを同時に押してブートを中断します。
tftp server(receive) go, waiting:4[sec]
eth0 link down
Load address: 0×84000000

ブートの中断に成功すると、以下のようなプロンプトが出ます。
ar7100>

10. リージョンを書き換える。
以下の2つのコマンドでリージョンを書き換えます。
ar7100> setenv region US
ar7100> saveenv

printenv でリージョンが書きかわっていることを確認します。
ar7100> printenv
以下の1行が出ていればOKです。
〜〜〜〜
region=US
〜〜〜〜

11. ブートして、管理画面からDD-WRTのファームをアップロード
以下のコマンドを打つと、ルーターがブートします。
ar7100> boot

ルーターのIPアドレスをブラウザに打ち込んで、管理画面を表示して、
ファームウェアのアップロードを行います。
DD-WRT版ファームは以下からDLします。

http://www.buffalotech.com/support/downloads/airstation-high-power-n600-gigabit-dual-band-wireless-router-wzr-hp-ag300h/

12. ファームが無事書きかわったら、PCとルーターを有線でつないで、DHCPでアドレスを取り直し、

http://192.168.11.1/

にアクセスすれば、adminのパスワード設定画面になり、晴れてDD-WRT版のファームウェアを
使えます。

おつかれさまでした。

4 Comments

  1. 素晴らしい記事でした。参考させていただきます。
    ちなみに、使い心地はいかがでしょうか。

  2. 最初USのprofessionalファームウェア(dd-wrt)の alpha版を入れたら全然通信が安定しなかったのですが、alpha版でないほうの、professional firmware(dd-wrt)を入れたところバッチリ安定しました。USのサポート情報にありますが、たまに通信が切れる場合はチャンネルを固定にすると切れなくなります。

    dnsmasq、milkfishなどの機能が重宝しています。
    pptpサーバー、クライアントになり、この価格帯でvpn拠点間通信できるのもすばらしい。

  3. いろいろ調べていてコチラにたどり着きました。
    実はopen-vpnを目当てにWHR-HP-G300NをDD-WRT化したのですが、どうやらこの機種はサポートされていないようです。
    このWZR-HP-AG300HはVPNメニューにopen-vpnの項目は出てきますでしょうか?
    できそうなら買おうかと思っておりまして・・・。

コメントを残す

Your email address will not be published.

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>