システム開発・ウェブ制作[下北沢/東京] (株)ディーゴ

株式会社ディーゴは、サービス・システム開発・セキュリティ・コンサルタント・ウェブ制作に至るまでITに関する業務を幅広く承ります。

Page 2 of 7

ハッカソン合宿in金谷のコワーキングスペース「まるも」さん!

5月20日・21日の週末、お友達7名と
南房総金谷のコミュニティスペース「まるも」さんでハッカソン合宿してきました〜
海沿いの道から一本入ったところにあるとても静かな住宅街にあります。
スタッフの方々もとても親切に対応してくださいました。
7人では、ちょっと広すぎるぐらいのゆったりスペースです。
今回はプライベート利用でしたが、機会があれば、海も近いし、ディーゴのみんなで合宿するのもいいかも。

南房総金谷のコミュニティスペース「まるも」さんHP
http://marumo.net/gasshuku-plan001/

18818363_1254241611370997_1380502918_o

18838560_1254241698037655_1127269844_o

英語man読めとか言われても

linux コマンド覚えましょうという話。
man ls
とか、manコマンドいいですけど、man という新たなチャレンジに英語というチャレンジも加わってしまうと心折れる。そんな時は、日本語man入れましょう。

CentOS なら、root権限で、
yum install man-pages-ja

.bash_profile の最後に、
alias jman=”env LANG=ja_JP.UTF8 man”
と追記して、
. ~/.bash_profile
で再読み込み(または再ログインしてもOK)

これで、
jman ls
とかで日本語manが使えるようになります。

codeigniterで実行されたSQL文を見たい時

codeigniter で、
log_message('debug',__FILE__.':'.__LINE__.': $this->db='.str_replace(array("\r\n", "\r", "\n"), '', var_export($this->db,true)));
とすると、ログに、db オブジェクトが吐き出せる。
dbオブジェクトの中には実行したSQL文の履歴が残っている。
どんなSQL文が実行されたのか見たい場合に苦労していたのが、これでかなり助かります。

rename コマンドで一括リネーム

例えば、jpgファイルの 頭に全部 hogehoge_ ってつけたいときは、こうするとか。
rename "s/^/hogehoge_/" *.jpg

正規表現使えるのがナイス!

10周年のごあいさつ

ご無沙汰しております。
本日ディーゴは10歳になりました!
皆さまのおかげで今日というこの日を迎えることができました。

「人の可能性を広げる企業」という企業理念を軸とし
携わる全ての人たちが毎日わくわく楽しく、自分自身や企業の可能性を広げられるような
お仕事を皆さまにご提供または一緒にお仕事できるようこれからも精進してまいります!
まだまだ未熟な企業ですが、今後ともよろしくお願いいたします。

safe_image

BlueOnyx 5108R で phpMyAdminがnot found になる時。

以下をチェックすると良い。
1.mysql の root パスワードを設定する。
2./etc/admserv/conf.d/phpMyAdmin.conf がない時は、以下の内容で作成する。

 

# phpMyAdmin - Web based MySQL browser written in php
#

Alias /phpMyAdmin /usr/share/phpMyAdmin
Alias /phpmyadmin /usr/share/phpMyAdmin

# This directory does not require access over HTTP - taken from the original
# phpMyAdmin upstream tarball
#

#
php_admin_value open_basedir /usr/sausalito/:/etc/:/usr/share/php/:/usr/share/phpMyAdmin/:/tmp/:/var/lib/php/session/:/etc/phpMyAdmin/:/usr/sausalito/configs/php/
php_admin_value safe_mode_allowed_env_vars PHP_,_HTTP_HOST,_SCRIPT_NAME,_SCRIPT_FILENAME,_DOCUMENT_ROOT,_REMOTE_ADDR,_SOWNER
php_admin_value safe_mode_include_dir /usr/sausalito/configs/php/
#
Order Deny,Allow
Deny from All
Allow from None

# This configuration prevents mod_security at phpMyAdmin directories from
# filtering SQL etc. This may break your mod_security implementation.
#
#
# <LocationMatch "/phpMyAdmin/(.+)">
# SecRuleInheritance Off
#
#

3.include エラーが出ている時も
/etc/admserv/conf.d/phpMyAdmin.conf を上記のように修正することで治る。

svn:ignoreを、再帰的に”.svnignore” で一括設定する

各ディレクトリ内にignoreしたいファイルを記述した、.svnignoreファイルを置く。

.svnignore ファイル例
gens-imac:0.0 gen$ cat .svnignore
bower_components
gens-imac:0.0 gen$

一番親ディレクトリで、以下の様な、svnignore.sh を実行する。
gens-imac:trunk gen$ cat svnignore.sh
#/bin/sh
find . -type f | while read FILE
do
# echo $FILE
# echo $(basename $FILE)
if [ $(basename $FILE) == ".svnignore" ]
then
pushd “`dirname $FILE`”
echo “pwd: `pwd`”
svn propset ‘svn:ignore’ -F ‘.svnignore’ .
popd
fi
done
gens-imac:trunk gen$ ./svnignore.sh
…(略)
gens-imac:trunk gen$

svnignore.sh スクリプトもコミットしておくと楽です。

MacPortsのsubversion1.8は日本語対応していない

5ヶ月くらい前から、MacPortsのsubversionが1.8にバージョンがあがっているのですが、こいつが、unicode_path パッチに対応しておらず、日本語ファイルを扱う環境だと問題があります。
・・・みんな困ってないのでしょうか。

とりあえずの対処としては、1.7系の最終版である、1.7.10を使います。
手順は以下:

まず、1.8 の subversion をアンインストール
> sudo port uninstall subversion

どっかワーキングディレクトリをつくってそこで作業
> mkdir tmp
> cd tmp

リビジョンを指定して port から co
> svn co -r 106653 http://svn.macports.org/repository/macports/trunk/dports/devel/subversion

ビルド
> cd subversion
> sudo port install +unicode_path

 

【ディーゴでは各種システム開発を承っております(下北沢・世田谷・東京)】
https://www.deego.co.jp/

 

Joomla!のメディアライブラリからJavascriptファイルをアップロードするには

Joomla!のメディアライブラリからJavascriptはアップしたいということは稀ですがたま〜にあります。
お客様が、Javascriptのライブラリをページで使ってみたい。と思った時にftpでアップしていただくのでは何のためのCMSなのかわからなくなってしまいます。

というわけで、今日は「Joomla!のメディアライブラリからJavascriptファイルをアップロードするには。」そして「JCEのファイルブラウザからファイルをアップするには」です。

Joomla!のメディアライブラリでの設定箇所は、そのものずばり、管理者権限で入ったメディアライブラリの設定のところにあります。

許可する拡張子に、js と JSをカンマ区切りで追加します。 (大文字小文字が区別されるため、大文字と小文字2つ登録しておきます。)

また、許可するMIME TYPEに、text/javascript を同じくカンマ区切りで追加します。

これでJoomla!標準のメディアライブラリで、Javascriptファイルのアップロードは出来るようになります。

 

次に、JCEのファイルブラウザでもjsをアップロードできるように設定します。
(※ 弊社では、より使いやすいWISWIG エディタであるJCEを標準でお使いいただいており、ファイルのアップロードもJCEのファイルブラウザ経由でのご利用を推奨しております。)

管理者権限でログインし、JCEの管理から、アドオンの管理タブ、ファイルブラウザタブを選びます。

許可する拡張子がありますので、横のアイコンをクリック。画像の箇所に、拡張子js を追加します。

あとは保存を押せば完了です。

 

Joomla!は日々進化しています。Ver3では、管理画面がAjaxでリッチになりました。
安定版の3.5系がリリースされれば、弊社のウェブ制作プロジェクトでもVer3を利用していくことになると思います。
弊社では独自開発プラグイン・モジュールによりJoomla!をより使いやすくカスタマイズしてご利用頂いております。

 

ITエンジニア夏の祭典・JTF2013

ITエンジニア夏の祭典:JTF2013にて弊社代表飛松が発表をさせていただきます。

http://www.techfesta.jp/

今話題のCTF競技について発表いたします。ゲーム・競技で遊びながらスキルをアップしたい!
カッコいいハッカーになりたい!という人どうぞお越しください。

きっと、「面白そう!」「問題解いてみたい!」ってなりますよ〜。

http://www.techfesta.jp/p/program-2.html#A40

« Older posts Newer posts »

Social Widgets powered by AB-WebLog.com.