オーストラリア合宿の続きとなります。

焚き火(キャンプファイヤー)&ブッシュファイヤー

「焚き火」は「チームワーク」にとても良い効果があると
事前にきいており、ぜひとも合宿でチャレンジしたいことのひとつでした。
実際に現地に行くと、焚き火を許可してくれるキャンプ場がなかなかありませんでした。

焚き火のエリアがあるにも関わらず、OKしてくれないところもあったので
どうもおかしいなと思っていたら
オーストラリアでは「ブッシュファイヤー」といって、特に夏の時期に起こる山火事が有名とのことでした。
ユーカリの木をはじめとした、油分を多く含んだ木がたくさんあり、自然発生的に起こる現象とのことです。
特に夏の時期は危険で、焚き火が禁止されるとのことでした。

運良く、Ericaで滞在したCaravan Parkは、焚き火をOKしてくれたので
一度だけ、みんなで火を囲むことができました!
マシュマロ焼いて、みんなで少し楽器をひきました。


ここのオーナーはとても気持ちの良いご夫婦で、細かなところまで気を使っていただいて、いつかまたここに戻ってきたいな!と思うとっても素敵なCaravan Parkでした。
ぜひぜひErica近辺にお越しの際は、おすすめです。

47211395_270299453633367_4465244109128335360_n

ERICA CARAVAN PARK
http://www.ericacaravanpark.com.au/

 

企画
日本にいる段階から、何かチームワークにつながるように、楽しい企画をやりたいという話が出ており、2チームに分かれて、企画を考えていました。
  
1)肝試し in Erica(担当:井口&久保田チーム)

Ericaについてまだ日が明るいうちに、担当チームは肝試しの道を
探しにいき、焚き火後に、担当者以外の4人が2人ずつに別れ
片道12分程度の真っ暗なコースを歩くことになりました。
運良く?お墓があったらしく、目的地はお墓が設定されていましたし
ちょうど、うるさい番犬がいるお家の前を通るようになっていて
ただ歩くだけなのですが、Google Mapsとランタンだけを頼りに
だいぶ怖い感じに仕上がっていました。
  
2)出川イングリッシュにインスパイヤされた企画 in Melbourne(担当:江崎&山崎チーム)

※TV番組のコーナーの「出川イングリッシュ」からインスパイヤされた企画です。

ルール
・3人ずつのチームに別れる。
・相手チームの一人ひとりのことを考えて、各10ドル前後のお土産を買う。
(1チーム3個のお土産を買う)
・買ったお店の店員さんに、この近辺でおすすめの観光地またはビューポイントを質問する。
・店員さんと写真取る。
・おすすめスポットにいって、3人で写真を取る。
・勝ち負けはなし

チーム編成
★山崎&久保田&飛松弦
★江崎&井口&飛松なみ

結果
山崎チームは、全行程をクリア。
江崎チームはメンバーの体調不良があり、お土産購入のみクリア。

最後の日の朝に、Melbourneのアパートで、みんなでお土産交換をしつつ
お互いのチームの報告をしました。
限られた時間の中で、お土産を渡す人のことを考えながら
知らない土地で限られた予算で英語を使って購入するという
とてもおもしろい企画でした。
意外と、お店の店員さんも楽しく話してくれる方も多いので
みなさんもどこかお出かけの際は、試してみてください。

PART4に続きます。